胃腸薬はケースバイケースで使おう

胃腸薬に含まれるネキシウムについて

胃腸薬に含まれるネキシウムは、胃酸の分泌を抑えて、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に効果があるとされる成分です。
ネキシウムの特徴は、強力に胃酸の分泌を抑え、難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮するため胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に多く用いられていることです。
ネキシウムは血中への移行が良好で、高い血中濃度を得ることができ、薬の代謝に個人差がそれほどないため、ばらつきのない安定した効果が期待できるものです。
胃酸は本来、胃腸に侵入してくる菌を殺菌する大切な役目を持っていますが、胃壁が弱っていたりすると胃粘膜を傷つけてしまい胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因となることがあります。
また、胃酸が逆流すると食道を荒らして、強い胸やけを引き起こすこともあります。
胃腸薬を服用することで、胃酸の分泌を強力に抑えて、胃酸が引き起こす悪い影響をなくします。
その結果、胃潰瘍や逆流性食道炎の治りが良くなり、胃痛や胸やけなどの症状も和らぎます。
そのほか、胃炎や胃潰瘍などのさまざまな胃病変の原因となる菌である、ヘリコバクターピロリの除菌にもネキシウムを含む胃腸薬が用いられます。
この場合には抗生物質と併用して治療を行います。
胃酸を少なくすることで、胃の内部での抗生物質のききがよくなり除菌成功率が高くなります。
効能としては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症、非ステロイド性抗炎症薬投与時や低用量アスピリン投与時における胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発抑制、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにおけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助などがあげられます。
副作用は少ないとされていますが、人によっては肝機能値に異常があらわれたり、頭痛やめまい、軟便や下痢などが見られることがあります。
ピロリ菌の除菌治療で強い下痢が続く場合には医師に連絡しましょう。
その他にも、発熱や食欲不振、吐き気などが出ることがあります。
症状が続くようであれば医師に相談するようにしましょう。
胃薬を処方してもらう際に、持病やアレルギーなどがある場合にはきちんと医師二つ与えることが大切です。
また別の薬を服用している場合にも、その旨をきちんと使えるようにしましょう。
肝臓の働きが悪いと薬の血中濃度が上昇しやすくなることがあるので、肝臓病のある人や高齢の人は副作用の発現に注意が必要な場合があります。
そういったことに当たらない人であっても、決められたのみ方を守ることが大切です。

胃腸薬は牛乳で飲むことは禁止です

体に不調があるときは、薬を飲むことで改善できることも多いですが、薬の効果をしっかり発揮させるためには正しい飲み方をすることが大切です。
医療機関で処方された薬の場合は、医師や薬剤師が服用のアドバイスを行ってくれますので、それを守るようにしたいですし、市販薬を飲むときも、まずは説明が注意書きはよく読んでおき、禁止事項もきちんと守るようにします。

胃腸薬も胃のムカつき、痛さ、胸焼けなどの症状を抑えるのに役立ってくれます。
そして、この場合も、水やぬるま湯以外で飲まないように気をつけましょう。

アルコールなどは薬の効果を弱めたり、副作用が強く出ることもありますので、一緒に飲むことは禁止されていますが、ついお茶や牛乳となると油断して一緒に飲んでしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

胃腸薬を大量の牛乳で飲んでしまうと頭痛や吐き気、食欲不振などの症状が出てしまうこともありますので、胃腸薬は水、もしくはぬるま湯で飲むよう心がけましょう。
胃腸を改善する薬がかえって不快な症状を出してしまうようでは薬を飲む意味がなくなってしまいます。

牛乳と一緒に薬を飲まないことは大事ですが、水で飲んだ場合もそのすぐ前に牛乳を飲んでいる場合はやはり影響が出る可能性がありますので、牛乳を飲んだ場合は、少し時間を置いてから薬を飲むようにしましょう。

牛乳そのものが禁止というわけではなく、胃の中で一緒にならないことが大切ですので、飲みたい場合はタイミングもよく考えて飲むことが大切です。

胃薬だけではなく、他の薬でも牛乳と相性の悪い薬はいくつかあり、薬の効果が十分に得られなくなってしまう場合もありますので、他の薬を飲む場合も相性には注意したいところです。

胃潰瘍に対するネキシウムの効果

ネキシウムは、胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬)と呼ばれる薬です。胃酸の分泌を抑えて、消化性潰瘍を治療します。胃潰瘍だけでなく、十二指腸潰瘍や逆流性食道炎といった病気の治療に使われます。
そもそも胃潰瘍とは、胃に到達した食べ物を粥状に消化するために分泌される胃酸が、何らかの原因で胃粘膜まで消化してしまうことで起こります。結果胃壁がただれて傷付き、酷い時にはそれが筋肉にまで到達します。何故そんなことが起こるのでしょうか。健康な胃は、胃酸から胃を守るために胃粘液を分泌して胃粘膜の表面を覆い、守っています。通常なら胃酸の分泌と胃粘液の分泌はバランスが取れているため、胃酸が胃粘膜を傷つけることはありません。ところがストレスやヘリコバクター・ピロリ菌などの原因により、胃酸の分泌が活発になる、あるいは粘液の分泌が少なくなると、胃粘液が胃粘膜を守りきれなくなります。その結果胃酸が胃粘膜を傷つけ潰瘍ができてしまうのです。胃潰瘍は以前は男性に多い病気でしたが、最近では更年期の50代の女性や、若い人の発症率も高くなってきました。
ネキシウムは、胃酸の分泌を強力に抑える効果があります。その結果胃酸の悪い影響をなくすことができ、胃潰瘍の治りが良くなります。難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮します。また、薬の代謝に個人差がそれほどなく、ばらつきのない安定した効果が期待できます。
また、ネキシウムはヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも用いられます。その場合は、他二種類の抗生物質と併用します。ネキシウムの効果で胃酸を少なくすることで、胃の中で抗生物質の効きがよくなり、除菌成功率が高まるからです。
ネキシウムなどの薬のおかげで、胃潰瘍は最近では手術せず服薬だけで治せる病気になってきました。とはいえ、自分だけで判断せず、医師の指示を仰ぐことが大切です。

▼胃酸の過剰な分泌を抑える作用がある胃腸薬はネット通販で購入可能
逆流性食道炎に効果的なネキシウム